カルティエ トリニティリングの選び方

リング

こんにちは。

優柔不断のジュエリーラバー ぷく です。

カルティエのトリニティ、とても魅力的ですよね。

トリニティシリーズ、どれも素敵ですが特に人気のリングが欲しくなりました。

トリニティリングの太さはどれにするか、またどの指のサイズで購入するか、約3年悩みました。

トリニティリング選びで迷っている方の参考になればと思います。

悩んで購入したトリニティリングがこちら

トリニティリング クラシック(現在は廃番)

トリニティリング モデルチェンジ

2023年10月17日~モデルチェンジ

リング幅が細く、リングの内側が丸みを帯びたデザインに変更されました。

SMサイズ 2.8mm →2.5mm

MMサイズ(クラシック) 3.53mm→3.2mm

LMサイズ 5.2mm→4.4mm

内側に丸くなったため、着脱がよりスムーズに、着け心地がなめらかになりました。

SMサイズ、MMサイズどっちがいい?

SMサイズとMMサイズ(旧クラシック)で迷われる方も多いのではないでしょうか?

私もこの2つで迷いました。

着ける指で選ぶ

迷われた場合は着用した指で決めると良いと思います!

人差し指、中指に着けたい場合はMMサイズ

薬指に着けたい場合はSMサイズ がオススメです!

旧型で着用の比較写真がこちら

中指は太くて長いのでMMサイズのようにボリュームがある方がしっくりきます。

上→クラシックサイズ

下→SMサイズ

薬指の場合はSMサイズが綺麗に見えます

なりたいイメージで決める

なりたい印象、与えたいイメージで決めるのはいかがでしょう?

人差し指、中指にMMサイズ→オシャレ、スタイリッシュ

薬指にSMサイズ→フェミニン

私は悩んで人差し指にクラシックサイズを購入しました。

理由としては

インデックスリング(人差し指に着ける指輪)が欲しかった

・SMだと後々物足りなくなるかもしれないと思った

・単体でも十分なボリューム

トリニティリングはダサい!?

トリニティリングは「3連リング」と呼ばれ、バブル時期に大流行しました。

その時代を知っている人からすると、今さらトリニティ?ダサくない?と思われるかもしれません。

しかし、そんなことは全くありません!

トリニティは2024年で100周を迎えました。

100周年を迎える数年前からトリニティブームが再来!

インスタでも多くの方がオシャレに着けこなされています。

四角いトリニティが登場!

100周年を記念して、四角い形のトリニティが発売されました。

リング幅は旧型クラシックとほぼ同様の3.5mmです。

とってもオシャレで、四角も欲しくなってしまいます。

印象が変わるので、普通のトリニティがしっくりこない方、ぜひ四角トリニティ試してみてください!

万能!トリニティリング

インスタで好評のトリニティリング、購入してみてその万能さに納得しました。

地金ミックスのつなぎ役

最近ゴールドが流行っているので、イエローゴールドの指輪を持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、結婚指輪はほとんどの方がプラチナを選ばれていると思います。

結婚指輪は外したくないけど、ゴールドの指輪も楽しみたい!

そんな時にトリニティリングがつなぎ役になってくれます。

トリニティリングはイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドの3色が重なったデザインなので、ゴールドとシルバー色をうまく調和してくれます!

指輪はプラチナならプラチナ、ゴールドならゴールドで地金を統一した方がフォーマルでまとまりがあります。

一方、ゴールドとホワイトゴールドなど地金をミックスすると抜け感が出て一気にオシャレになります!

指輪だけでなく、例えば指輪はプラチナで、ネックレスはゴールド、といったようにネックレスと指輪の地金違いもトリニティが上手に調和してくれます。

地金ミックスを上手に取り入れるとジュエリーコーディネートの幅が一気に広がります!

結婚指輪にも

トリニティリングを結婚指輪として購入される方もいらっしゃいます。

他の人とかぶりにくく、オシャレですよね。

ホワイトゴールドと黒のセラミックのトリニティは男性にも人気です。

トリニティリングは男性が着けてもスタイリッシュです。

トリニティリング選びの参考にしていたただけると幸いです。


タイトルとURLをコピーしました